GLOBAL CLEANすべては「きれい」のために。

Q&Aよくあるご質問

クリーンコンサル

クリーンコンサルって何ですか?
清掃そのものを提供するサービスではなく、「社員で行う清掃業務の質を上げたい」「新たに清掃事業部を立ち上げたい」等のニーズにお応えして、清掃ノウハウや品質管理ノウハウ等をご提供するものです。「清掃」で経営課題の改善に取り組む業務等のサポートも致します。
具体的にどんな事をしてくれるのですか?
お客様が抱えている悩みは企業様それぞれですので、ご支援させていただく内容もお客様によってそれぞれ異なります。まずは現地調査とお打ち合わせの上、具体的な進め方を話し合って決定させていただく事になります。これまでの実績ですと、施設全体の衛生管理全般に対する支援は毎月伺わせていただく年間契約、社員教育をお引き受けする場合ですと、短期間(3ヶ月〜6ヶ月)での出張現場指導や、オープンセミナー等でお手伝いさせて頂いております。
社員を新たに入社させる度に指導して貰えるのでしょうか?
そのようなことがないように、どなたか監督者となれる方を付けていただき、その方に対してのノウハウ提供からスタートすることが多いです。また、マニュアル作成業務等も必要に応じてお引き受けいたしております。
どのような業種のクライアントが多いのですが?
同業他社、特老、介護施設、障がい福祉施設、近年特に増えているのは食品工場です。
同業他社に向けて行なっているクリーンコンサルについて教えてください。
国内最長の導入実績のあるウルトラフロアケアシステムによるフロアメンテナンス導入を中心としたワックス管理支援、病院や福祉施設に向けた感染対策導入支援、その他様々な情報提供と実務ノウハウ提供、管理者育成と現場作業従事者育成支援等を行なっております。
特別養護老人ホーム、介護施設等で行なっているクリーンコンサルについて教えてください。
日々の清掃が何の為に必要か、なぜ重要な業務であるかを知って頂くところから始めます。清掃の品質や仕上がりが原因で、場合によっては人の命に関わることもあります。正しい感染対策を視野に入れた衛生管理の重要性が問われています。職員様ひとりひとりの認識を変えていただくことで、清掃業務についての重要性が再認識され、職場全体の行動が変わり始めます。具体的なプロセスは様々ですが、クライアントの抱える問題によって柔軟に対応させて頂いております。感染対策についての専門知識を有する者として、環境衛生士有資格者が中心となってお手伝いさせて頂きます。
障がい福祉施設で行なっているクリーンコンサルについて教えてください。
障がいを持っていても、プロの清掃サービスを行うことが出来ます。A型、B型就労支援施設での新たなお仕事づくりのお手伝いから、サービス品質向上支援、マニュアル作成支援、支援員の皆さまに向けた管理者教育等、その他様々な業務を行っております。
食品工場で行なっているクリーンコンサルについて教えてください。
HACCP義務化に伴い、衛生管理の質の工場が求められています。私たちはHACCP義務化が発表される数年前から食品工場全体の衛生管理工場を目的としたクリーンコンサルを行なってきました。作業員教育、品質管理課のお手伝い、その他様々な情報提供等も行います。必要に応じて作業提供も行いますが、現場の皆さまで行うサニテーションオペレーションを簡単に、より作業しやすく、解りやすいルールづくりのお手伝いのもと進めていきます。実際にHACCPチームメンバーとして運営にかかわっている事例もあります。実際の支援メンバーは、幅広い専門知識も要する為、清掃だけに留まらずHACCP3日間研修修了者や一般衛生管理基礎講座、内部監査員コース修了者等で行います。惣菜管理士養成講座も受講しています。